このページの先頭です

クロミッドって?役割や使用方法や注意点~効かない場合もあるの?

514views

投稿日:

クロミッドって?役割や使用方法や注意点~効かない場合もあるの?

『クロミッド』と言えば、今や言わずと知られたと言っても過言ではない排卵誘発剤の代表格です。不妊治療には欠かせない薬剤と言ってもいいでしょう。

因みに、クロミッドとは、富士製薬工業が製造販売している「選択的エストロゲン受容体調節薬」と呼ばれる薬剤の一つで、その名の通り、エストロゲンの分泌を調節するものです。自身は、卵胞ホルモン「エストロゲン」に極めてよく似た性質を持っています。

排卵しにくい、あるいは、全く排卵しないというのは、不妊の最大のネックです。しかし、その要因は、外的なものと言うより、内的なものが多く、特に女性ホルモンの代表格であるエストロゲンの不足である事が目立ちます。

だとすれば、確かに、エストロゲン補充すれば、卵胞が健やかに育ち、排卵出来るという事で、クロミッドを使った不妊治療は正に納得と言ったところかも知れません。けれど、本来の役割は少々異なります。

排卵の仕組み

前述の通り、クロミッドはあくまでもエストロゲンに極めてよく似た性質を持っているというだけで、エストロゲンそのものではありません。そのため、卵胞を育てるところまでは難しいのが現実。

やはり卵胞を発育させ、排卵にまで持ち込むには、女性が持つ天然のエストロゲン「内因性エストロゲン」が必要不可欠です。ではでは、そんな排卵におけるクロミッドの役割とは、どのようなものなのでしょうか?

それを知るためには、先に排卵コントロールのシステムを知っておく方がいいでしょう。そこで、ほんの少しだけ理科のお勉強です。

私たち人間の生命維持機能とも言える呼吸や血流、そして、ホルモンバランスの調整は全て、脳の「視床下部」という総本部で検討され、その直属の司令室である「脳下垂体」でコントロールされています。もちろん、排卵も例外ではありません。

何しろ、女性にとって妊娠は重要なお仕事です。視床下部としては、出来る限り率先して促す必要があります。

そして、それに必要不可欠となるのが「エストロゲン」と「プロゲステロン」という二大女性ホルモン。これを中心に構成されているのが生理周期です。

そこで、視床下部がエストロゲンやプロゲステロンの不足を感知すると、手元の「Gn-RH」と呼ばれるホルモンを使って、直属の脳下垂体に指令を出します。このGn-RHは「性腺刺激ホルモン放出ホルモン」と呼ばれ、正しく性腺刺激ホルモンを作動させるホルモンです。

そのため、Gn-RHに一声かけられた下垂体は、すぐさま性腺刺激ホルモンを動かさなければなりません。その性腺刺激ホルモンが“FSH”こと「卵胞刺激ホルモン」と“LH”こと「黄体形成ホルモン”です。

どちらも卵巣内に檄を飛ばし、ホルモン分泌を促します。FSHが促すのはエストロゲンで、LHが促すのがプロゲステロンです。

そのうち、排卵出来る状態にまで卵胞と中身の卵子を育てるのに必要なのがエストロゲンという事で、排卵障害の改善には特にFSHの活性化が重要になります。FSHが卵胞を刺激し、エストロゲンが多量に分泌されると卵胞が発育し、卵子が育ち、排卵するという流れです。

『クロミッド』の役割

それでは、ここで改めて、『クロミッド』の役割を見て見ましょう。と、その前に、視床下部はどうしてエストロゲンの過不足を察知しているのか? 不思議ですよねぇ。

でも、その答えは至って簡単。卵胞で分泌されたエストロゲンの一部は脳下垂体にも流れ込みますから、その量で十分か不十分かが判断出来る訳です。そして、足りていないと感じればGn-RHを下垂体に送り、FSHを作動させて卵胞を刺激させます。

ところが、その卵胞で分泌されるエストロゲンと極めて近い性質を持つクロミッドは、直接視床下部に侵入し、従来のエストロゲンが流れ込むのをブロックしてしまいます。すると、視床下部としては、いつまでたっても新しいエストロゲンが入ってこないため、これは卵胞がサボっていると勘違いして激怒。

早速Gn-RHを下垂体に送り、FSHを活性化させ、卵胞を刺激します。すると、卵胞は言われるがままに益々エストロゲンを多量に分泌しますから、小さな卵胞や虚弱体質の卵子も育ち、排卵にいたる事が出来るという訳です。
という事で、クロミッドの役割、それはエストロゲンの補充ではなく、ブロック。いわゆる「エストロゲン拮抗薬」となります。

クロミッドが卵胞を直接刺激し、エストロゲンを分泌させる訳ではありません。あくまでも間接的にエストロゲンの分泌を促すものです。

使用前に知っておきたい『クロミッド』の使い方と注意点

『クロミッド』と言えば、余りにもポピュラーな排卵誘発剤ですが、それにはそれなりの理由があります。やはりメリットが大きいからこそ、主力として活用されているのです。

しかし、その一方で、デメリットもあれこれあります。おまけに、効果を発揮しない事もあるのです。

まず、クロミッドのメリットは何と言っても、数ある排卵誘発剤の中でも、最も穏やかで副作用が低いという事でしょう。そのため、最初の薬物療法として用いられる事が圧倒的多数です。

また、内服薬で投与しやすいというメリットが、それを後押ししているものと思われます。注射薬のように通院の必要がなく、費用も健康保険を使えば月に1,000円前後と、非常にお手頃&お手軽です。

という事で、クロミッドの使用方法はいたって簡単。基本的には、月経5日目から1日1錠、5日間飲みます。

これだけという感じですが、それでも、その後1週間くらいで排卵する可能性は低くありません。因みに、クロミッド1錠は50mgで、この程度だと、極端に強い副作用が出る事は少ないと見られます。確かに軽い吐き気やめまいを感じる人も少なくありませんが、いずれも軽度で、十分耐えられる範囲でしょう。

さらに、直接卵巣内に侵入し、卵胞を刺激する訳ではないのです。卵巣過剰刺激症候群の心配もほぼないと言われています。

ただし、重度の排卵障害の場合、1錠では効かない事もしばしば。そこで、様子を見ながら、1日2錠、最高で1日4錠まで生理周期ごとに増量し、数ヶ月続ける事もありますが、当然、薬の量が増え、投与期間が長くなればなるほど、副作用のリスクは高まると思っておかなければなりません。

特に、最も深刻なのは子宮内膜が薄くなる事で、せっかく受精卵が出来ても、着床せず、妊娠成立とならないケースも少なくないのです。また、クロミッドの副作用により、頸管粘液が薄くなるというデメリットもあって、排卵はするものの、授精にはいたらないケースも十分考えられます。

実際、クロミッドによる排卵率は約70%と言われていますが、妊娠成功率は50%と、決して低くはないものの、高くもありません。正しくfifty fiftyです。

さらに、卵胞の発育と排卵の有無は必ずしもセットものではないという落とし穴もあります。たとえ卵胞は立派に育っても、排卵を促すLHの分泌が不十分なら、自然に排卵はしないのです。そこでまた、LHの分泌を促すためのホルモン剤「HCG」を投与しなければならず、多くはクロミッド+HCGで、ようやく結果が出ていると思っておく事も大切でしょう。

そして、最も理解しておくべき点は、第1度無月経には効き目が期待出来るものの、第2度無月経には元々高価がないという事。第1度月経とは、ある程度卵胞が発育し、後もう少しエストロゲンがしっかり分泌してくれればという状況です。重度のエストロゲン不足により、卵胞が完全なる発育不良の第2度無月経は、さらに強力なホルモン治療「ゴナドトロピン療法」が用いられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です