このページの先頭です

人工授精(aih)とは~どんな方法?費用はどの位掛かるの?

370views

投稿日:

人工授精(aih)とは~どんな方法?費用はどの位掛かるの?

不妊治療と言えば『人工授精』、そう思っておられる方も多い事でしょう。実際、人工授精は一般不妊治療に該当し、最もオーソドックスな不妊施術だと言えます。

基本的に不妊治療は「タイミング法」と呼ばれる性交渉を伴うところからスタートしますが、男性に不妊原因がある場合や女性の年齢を考え、早期に人工授精が検討される事もしばしばです。

体外受精とは異なり、人工授精は極めて自然に近い形で妊娠出来るのが大きな特徴。入院の必要がなく、施術後も普段通りの生活や仕事が出来ます。

費用的にも10万円以内で収まるケースが多く、経済的負担も精神的負担も、そう大きくありません。そうした事から一般不妊治療に位置づけられている訳です。

「人工授精」とは?

『人工授精』と聞くと、精子と卵子を人工的に受精させる方法だと思われがちですが、実はそうではありません。不妊治療で言う人工授精は、女性の体内に男性の精子を注入するのみの施術です。

男性から採取した精子を、注射器で女性の膣から注入し、その送り込んだ精子が卵子と出会い、自力で授精する事を期待します。そういう点では、性交渉こそしないものの、極めて自然に近い形での妊娠成立となる訳です。

そのため、人工的に授精させる事を意味する「授精」という表記は相応しくない。「人工受精」と表記すべきだと言うドクターもいるくらいですが、精子を卵子の元に授ける事は確かだと言えます。という事で、人工授精は女性より男性が主役の不妊治療という側面を持っているのです。

事実、人工授精をするためには、女性の卵巣から卵管・子宮まで、大きな異常がなく、排卵出来る事が必要最低限の条件となります。その一方で、男性側に様々な問題があっても、大半はクリア出来ます。

そこで、不妊の要因として、性機能障害や勃起障害など、性交渉が難しい状況にあると思われる場合、あるいは、精子の数が少なかったり、運動率が悪いなど、男性不妊が深刻化していると診断されれば、人工授精でという話になります。さらに、性交渉が苦手な男性や精子を生成出来ない「無精子症」であっても、人工授精でならパパになれる確率は十分ある訳です。

人工授精の種類

不妊治療で人工授精が検討されるケースの多くが、男性側に要因があると思われる場合でしょう。いわゆる「男性不妊」です。

ちなみに、女性に要因があるケースとしては、子宮頸管粘液の分泌量が少なく、精子を円滑に支給に送り込めない状況などが考えられますが、それでも、男性の精子数が多く、運動率が高ければ、自然妊娠は十分望めます。しかし、男性が生殖器を女性の膣内に挿入し、精子を発射出来なければ話になりません。

さらに、例え性交渉は出来ても、精子の数が少なければ受精の確率は下がりますし、数は多くても、運動率の低い精子ばかりでも難しいでしょう。ですが、人工授精なら、精液を直接子宮に送り込む訳です。

そのお陰で、精子は膣から旅をせずとも、容易に卵管に辿り着き、卵子と出会いを果たす事が出来ます。これなら、性交渉が出来なくても問題ありません。

しかも、運動率のいい精子のみをチョイスし、濃縮した精液を注入するため、精子の数や質に問題のある場合でも、妊娠の確率は高まります。そして何より、精子を生成出来ない「無精子症」という疾患があっても子供を持つ事が出来るのが最大のメリット。

なぜなら、人工授精には大きく分けて2つ、「AIH」と「AID」があるからです。AIHは配偶者の精子を用いる「配偶者間人工授精」で、英語のartificial insemination with husband’s semen)を略してこう呼ばれています。

もちろん、一般的な人工授精はAIHです。しかし、それ以外にも、精子バンクに提供されている第三者の精子を使用する人工授精があるのです。それが「非配偶者間人工授精」で、英語のartificial insemination with donor’s semen)を略してAIDと呼ばれています。

ただし、AIDは誰でもが受けられるものではありません。夫が完全なる無精子症か、それに近いごく微量の精子しか精製出来ない重度の男性不妊である事が絶対条件です。

また、いくら長年同棲していても、戸籍上の夫婦でなければ対象外となり、未婚の女性や同性愛者への適用も日本では認められていません。さらに、例え正式な夫婦であっても、身内内での十分な話し合いプラス、医療機関でのカウンセリングや倫理会議等が必要になります。

人工授精にかかる費用は?

人工授精は一般不妊治療ですが、健康保険は適用されず、完全なる自由診療となります。そのため、費用は全額自己負担ですが、体外受精のように、何十万もかかる事はめったにありません。

通常、人工授精の1回の施術料は2万円から3万円で、準備やアフターケアに要する費用を入れても5万円程度で収まります。なぜなら、人工授精には男性の精子採取のみで、女性の採卵や移植を伴わないからです。

ただし、より妊娠の確率を上げるためには、実施日の選定が重要で、そのためには、こまめな超音波検診が功を奏します。さらに、施術後に黄体ホルモンを補充し、着床率を高める策が採られる事も多く、その場合には、若干費用が嵩むでしょう。それでも、6万円から8万円程度だと見られます。

ただ、AIDになると、精子提供を受けるにあたっての費用も必要となり、AIHの2倍くらいになります。つまり、1回で10万円ほどかかるという事です。

しかも、AIHでもAIDでも、1回で成功する確率はそれほど高くなく、生理周期に合わせて月に1度、3回から4回実施される事が一般的です。そうなると、最終的には何十万もかかる事になり、やはり決して安価とは言えないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です