このページの先頭です

体外受精(ivf)とは?その方法や人工授精との違いとは?

337views

投稿日:

体外受精(ivf)とは?その方法や人工授精との違いとは?

人工授精イコール『体外受精』、そう思い込んでおられる方も多いと言います。ですが、体外受精と人工授精は完全に異なる不妊治療です。

まず、人工授精は性交渉を取り除いた自然妊娠とでも言ったところでしょうか。女性の体内で普通に精子と卵子が出会い、普通に受精卵が作られます。

それに対し、体外受精は、女性の体の外で精子と卵子が出会い、受精卵を作るものです。ただし、人の手で強制的に精子を卵子に注入する訳ではありません。あくまでも彼らの意思で受精させます。

とは言え、人工授精は一般不妊治療の領域ですが、体外受精になると、高度不妊治療の領域に入ります。それだけ費用も高くなりますので、それぞれの特徴とメリット・デメリットをしっかり把握し、検討する事が大切でしょう

人工授精と体外受精は違う

基本的に人工授精と体外受精は、どちらを選ぶというものではありません。多くの場合、人工授精を数回試み、それでも結果が出なければ体外受精へとステップアップする提案が出されます。なぜなら、人工授精は「一般不妊治療」に含まれる比較的簡単な施術だからです。

そもそも人工授精というのは、女性の体内に注射器で精子を送り込むもので、その注射器がパパの生殖器の代わりだと思ってもらえれば分かりやすいでしょう。そのため、ママは普通に排卵し、普通に精子と出会って受精卵を作り、子宮に着床して妊娠成立となります。

確かに人工授精となると、予め排卵日を想定出来るように、排卵誘発剤を使ったり、卵胞刺激ホルモンや排卵刺激ホルモンを使ったりもしますが、最も基本的な不妊治療であるタイミング法に、ほんのちょこっと医師の手を加えるだけ。だからこそ、一般不妊治療に位置づけられているのです。

それに対し、体外受精になると、パパの精子だけでなく、ママの卵子も取り出します。そして、専用の容器の中に一緒に入れ、受精してくれるようにと祈りながら見守るのです。

そうして無事に受精卵が誕生したら、それをママの子宮内に移植します。女性の体内での妊娠はそこから始まる訳ですから、この2つは間違いなく似て非なるものです。

体外受精の種類

人工授精も体外受精も、男性にとっては大差はありません。どちらも精子を採取するだけです。

また、女性も超音波で卵胞の様子を見たり、薬を使って排卵を促したり、着床しやすいようにホルモン補充をしたりと、その多くは共通した治療となるでしょう。しかし、体外受精には「採卵」と呼ばれる卵子を採取する施術と、「移植」と呼ばれる受精卵を子宮に入れる施術が必要になります。実は、この2つの施術には高度な医療技術を要するため、体外受精は「高度不妊治療」に位置づけられているのです。

さらに、体外受精は、受精卵をいつ移植するかによって3種類に分けられます。受精後2日から3日で移植するのが「初期肺移植」。ちなみに、胚とは受精卵の事で、初期肺移植は、その名の通り、ごく初期段階の受精卵を子宮に入れる形です。

しかし、自然妊娠や人工授精の場合、受精卵が子宮に到達するまで1週間くらいの猶予があり、その間に「胚盤胞」と呼ばれる段階まで成長します。そこで、同じように胚盤胞になるまで体外で見守り、その後に子宮に移植する方法も選択出来るのです。それが「胚盤胞移植」で、今では体外受精の主流と言えるでしょう。

加えてもう一つ、出来上がった受精卵を凍結保存し、後から解凍して移植する「凍結胚移植」もあり、通常、最初は新鮮胚移植と呼ばれる初期肺移植か胚盤胞移植、次に凍結胚移植という形が取られます。つまり、体外受精では、複数の卵子を採取し、複数の受精卵を作るのです。

体外受精の特徴

『体外受精』は、英語のIn Vitro Fertilizationを略して“IVF”と呼ばれます。初期肺移植は、それにEmbryo Transferの略語であるETをプラスして「IVF-ET”、胚盤胞移植は、Blastocyst Transferの略語であるBTをプラスして「IVF-BT」です。ちなみに、凍結胚移植は、Frozen Egg Transferの略語であるFETをプラスし、「IVF-FET」となります。

人工授精になくて体外受精にある施術は、採卵と胚移植です。とは言っても、胚移植は膣から子宮にチューブを挿入し、受精卵を送り込みます。使用するチューブは違うものの、人工授精の精子注入と殆ど大差はありません。

けれど、採卵は、発育した卵胞に針を突き刺し、卵子を吸い集めて行きます。卵巣の状態が良ければ、それほど痛みはありませんが、排卵誘発剤の副作用などで卵巣が疲弊していると苦痛を伴う施術となるでしょう。

そこで、状態に応じて、痛み止めの点滴や麻酔が使われます。そうなると、さらに経済的にも、肉体的にも、精神的にも負担の大きな施術となりそうです。

ただ、体外受精の場合、1度の採卵で複数個の卵子を採取し、凍結保存する事が出来ます。そのお陰で、もし、採卵後の体調が思わしくなければ、後日改めて移植する事ができるのです。

さらに、確実に受精卵を子宮に入れられるという点が最大のメリット。当然、受精するかどうかすら分からない人工授精より、妊娠成立の確率が高まる事は確かです。しかし、その一方で、それなりの時間とお金をかけても着床するとは限っていないという大きなデメリットを持っています。

とは言っても、今やクラスに1人はいると言われる体外受精ベビー。医療機関によっては、妊娠率70%以上というところもあります。やはり良い医療機関で、良い体外受精をする事が重要なポイントになりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です