このページの先頭です

基礎体温の高温期と低温気って何?

470views

投稿日:

基礎体温の高温期と低温気って何?

ベビ待ちする上で必要不可欠だとされているのが基礎体温のチェックです。医療機関で不妊治療を受ける際も、必ず基礎体温を毎日きちんと付ける事が指示されます。

なぜなら、基礎体温は女性の生理周期のバロメーターであり、自然妊娠可能な状態かどうかを見極める重要な目安となるからです。さらに、いち早く不正出血を感知し、婦人科系疾患の早期発見に繋げる事も出来ます。

それでは、女性の基礎体温は、どのように変化するのでしょうか? その鍵は「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンが握っています。

基礎体温の「低温期」とは?

生理開始日から排卵日まで多量に分泌されるのがエストロゲン。「卵胞ホルモン」と呼ばれる女性ホルモンの代表格で、その名の通り、卵胞を発育させ、中の卵子を成熟させます。

実はこのエストロゲン、血管を拡張させる作用を持つため、多量に分泌されると自然と体温が下がるのです。そこで、エストロゲンが活発に分泌される卵胞期イコール基礎体温の「低温期」となるという訳です。

通常、卵胞期の基礎体温は36.7度以下で、高温期に比べて0.3度から0.6度も低いと言われています。そのため、元々平熱が低い人の場合、35度台になる事も珍しくありません。

特にエストロゲンの分泌量がピークに達する排卵日には基礎体温が35.5度くらいまで下がる人もいます。そう、排卵日は低温期のマックスである事が多く、ベビ待ちの人にとっては絶好のタイミングとなる事もしばしばなのです。その一方で、妊娠を望まない人にとっては「危険日」となり、確実な不妊対策が必須となります。

しかし、エストロゲンは女性の女性らしい心身を作り、維持するホルモンです。そういう点では、エストロゲン豊富な低温期は、女性にとっては絶好調。うっとうしい整理も終わり、最もアクティブに活動出来る時だと言えます。実際、体調も良く、肌の調子も良く、頭の回転も良く、多くの女性が美と健康を満喫出来る事でしょう。

基礎体温の「高温期」とは?

一方、排卵後には、卵子を放出した卵胞は「黄体」と呼ばれる内分泌器官に変化し、「黄体ホルモン」を分泌します。この黄体ホルモンは通称「プロゲステロン」と呼ばれる男勝りのホルモンで、子宮内膜を分厚くするなど、受精卵が着床するのに相応しい環境整備に勤しみます。

つまり、体内でせっせこと働くため、体温を上げる傾向を持っているのです。そのため、プロゲステロンの分泌される黄体期は「高温期」となり、常に基礎体温は高い状態にあります。

さらに、女性の美と健康を司るエストロゲンが減少するため、徐々に心身の不調が現れるのが大きな特徴。だるい・眠い・情緒不安定などなど、胸やおなかが張る事もあり、便秘や下痢に苦しめられる人も少なくありません。そう、いわゆる「月経前症候群」に見舞われる時期です。

一般的に低温期に比べ、基礎体温は0.3度から0.6度ほど上昇します。多くの人が体温36.7度以上となり、元々平熱が高い人なら37度を超える事も珍しくありません。そのため、より一層の体調不良が押し寄せて来る事もあって、今では月経前症候群「PMS」は、立派な婦人科系疾患として認められています。

けれど、大半の人は次の生理が始まり、再びエストロゲンが多量に分泌されると体温は徐々に下がりますから、症状も改善されて行きます。これの繰り返しが生理周期であり、基礎体温周期なのです。

理想の基礎体温周期は?

という事で、女性は生理周期さえ安定していれば、それに会わせて低温期と高温期が繰り返されます。例えば生理周期が28日の人なら、前半の14日間が低温期、後半の14日間が高温期という訳です。

ちなみに、生理周期の日数は個人差がありますが、25日から38日の間なら正常だとされています。そして、そのうち、高温期は後半の約2週間と定められていて、生理周期の長い人は、前半の低温期が長い事になるでしょう。逆に生理周期が短ければ、低温期も短いという訳です。

ところが、排卵されなければプロゲステロンは分泌されませんから、ずっと低温期のまま次の生理を迎える事になります。これが典型的「無排卵月経」で、不妊治療しなければ自然妊娠は期待出来ません。

一方、高温期が15日以上続く場合、妊娠している可能性が十分考えられます。なぜなら、妊娠すれば、さらに黄体ホルモンの分泌は活発になり、子宮内膜の整備や胎盤の形成に取り組むからです。当然、次の生理は来ず、基礎体温も低温期に移行されません。

しかし、高温期は約2週間と定められているのにも関わらず、10日ほどで体温が下がり、生理が始まる事があります。そうなると一大事。高温期が短いイコール、黄体期が短いという事で、不妊や流産のリスクが高まるのです。

何しろ、黄体期が短ければ、完全なる生理不順で、すでに妊娠や避妊が難しい状態にあります。さらに、黄体ホルモンの分泌量が不足しているという事で、妊娠成立に適した体内環境が整えられないため、せっかく受精卵が出来ても着床出来ず、流産してしまう事になるでしょう。

そしてもう一つ、最も重要な事は、高温期のまま生理が来る事はないという事です。つまり、体温が高いまま出血すれば、おなかの中に赤ちゃんがいる可能性も高いものの、病気が潜んでいる可能性も高いという事なのです。いわゆる不正出血で、婦人科系の病気のシグナルかも知れません。

こうした様々な病気や不妊の要因、そして妊娠を感知するためにも、基礎体温の測定は大切になります。毎日きちんと測定し、異変に気付いたら早期に医療機関を受診するように心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です