このページの先頭です

排卵促進剤(hcg注射)とは~役割や注意点、副作用など

671views

投稿日:

排卵促進剤(hcg注射)の役割や注意点・副作用など

不妊治療に用いられる薬剤の多くはホルモン剤で、本来なら、体内で必要に応じて分泌されるはずの成分です。注意すべき点というのは殆どないはずなのですが、体が自主的に分泌していないのにも拘わらず、強制的に補充する場合は、それなりのリスクも伴います。

そのため、治療を受ける側としては、それぞれの役割と注意点をきちんと把握しておく事が大切です。そこで今回は、そんな不妊治療に使用されるホルモン剤の中から、最もオーソドックスな『HCG製剤』についてご紹介したいと思います。

HCG製剤は、最も使用頻度の高い不妊治療薬の1つです。一般不妊治療に該当するタイミング法や人工授精でも、高度不妊治療となる人工授精や体外受精でも使用されます。

つまり、自然妊娠を目指す場合でも必要になる事があるというものです。なぜなら、受精卵が着床し、妊娠成立となって発育するには必要不可欠な女性ホルモン「プロゲステロン」の分泌を促す役割をになうのがHCGだからです。

『HCG注射』とは?』

女性の生理周期は、卵子の入った卵胞を育てる「卵胞木」と、受精卵を育てる「黄体期」を繰り返す形で成り立っています。そして、卵胞期には卵胞ホルモンが、黄体期には黄体ホルモンが多量に分泌されます。

ただし、プロゲステロンと呼ばれる事も多い「黄体ホルモン」は、エストロゲンと呼ばれる事も多い「卵胞ホルモン」のように、直接ターゲットを刺激して発育を促す訳ではありません。黄体ホルモンは、受精卵が安心して着床出来るように子宮内膜を分厚くし、子宮内の環境を整える事を最大の任務としています。しかし、その子宮内膜の形成がきちんと出来なければ、受精卵が着床する事が出来ず、妊娠も出来なくなってしまうため、正に受精卵の運命の鍵を握るホルモンと言えるのです。

そこで、排卵が終わると同時に、黄体ホルモンの分泌を促すホルモンであるHCGが作動。その刺激を受けた黄体から多量のプロゲステロンが分泌される仕掛けになっています。

ところが、このHCG自体がしっかりと分泌されなければ、その任務は果たせず、プロゲステロンも不足してしまう事になります。という事で、HCGが足りないのでは話になりません。

ならばしかたがない、外から補充して上げましょうというのが『HCG注射』。中身はHCGホルモンと全く同じ性質を持つ「HCG製剤」で、その役割は、黄体を刺激し、プロゲステロンの分泌を促す事です。

不妊治療におけるHCG注射の役割

hCGは本来、受精卵が我が身を守るべく、子宮内に着床すると、自らの表面にある「絨毛」という細胞組織から分泌し、プロゲステロンの確保に勤しむものです。そのため、正式には「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」と言います。HCGというのは、英語の“human chorionic gonadotropin”の略です。

という事で、黄体機能不全などで黄体が不足気味でも、受精卵が無事に着床出来れば、その後は自力でHCGを分泌し、十分なプロゲステロンを調達出来る可能性は低くありません。そこで、それまでの間、直接プロゲステロンを補充する「黄体ホルモン注射」療法が用いられるケースも多々あります。

ただ、このHCGには、単にプロゲステロンの分泌を促す作用だけでなく、そのプロゲステロンを生成する組織となる黄体の形成を促す「黄体形成ホルモン」としての作用も含まれているのです。となると、排卵後ではなく、排卵時にも必要になって来る事があるという訳です。

なぜなら、プロゲステロンは排卵を終えた卵胞が「黄体」と呼ばれる内分泌組織となって分泌するもので、その卵胞を黄体に変化させるのが黄体形成ホルモンだからです。黄体形成ホルモンは“LH”とも呼ばれ、これが多量に分泌され始めると、卵胞は排卵し、自らが黄体に変身しなければならない事を悟ります。このもう一つのHCGホルモンの性質を利用しているのが不妊治療における「HCG排卵誘発法」。

つまり、HCG注射を使って排卵を促し、都合のいい日に性交渉や人工授精、そして、体外受精のための採卵を出来るように仕掛ける訳です。もちろん、卵子が十分成熟していなければ、排卵したところで意味がありませんから、その発育具合を見ながら最終的な排卵日を定める事は絶対条件ですが、多くの場合、HCG製剤を投与すれば、36時間程度で排卵すると言われています。

そこで、今日HCG注射を打てば、明日が排卵日。性交渉や人工授精をすれば妊娠の確率は高まり、体外受精に向けての採卵もほぼ確実に出来るという訳です。

HCG注射の注意点

HCGホルモンは本来、体内で生成され、分泌されるもので、HCG注射に使われるHCG製剤は、天然HCGに極めて近い物質です。とは言え、薬は薬。

しかも、体が自力で分泌する事を拒んだり、怠ったりしているのにも拘わらず、強制的に補充するのです。体内でトラブルを引き起こす事は少なくありません。

それにより、下腹部の張りや鈍痛、腰痛、あるいは吐き気を催したり、強い倦怠感を感じる事もあります。さらに、腹水や胸水が溜まる事もありますが、これらは主に、卵巣が過剰に刺激される事によって発症する「卵胞過剰刺激症候群」の典型的症状で、大事にいたる事は少ないと見ていいでしょう。

ただし、重篤な事態になると、卵巣がねじれる「卵巣捻転」を引き起こす事もあるので油断は大敵です。HCG注射を打った後は無理をせず、常に体調に気を配る事が必須となります。

そしてもう一つ、HCG注射を導入する上での重要な注意点があります。それは、妊娠検査薬の使用時期です。

そもそも妊娠検査薬は、先のように受精卵が着床し、自ら分泌し始めたHCGの濃度を感知して妊娠している事を知らせるものです。通常、自力で分泌した黄体形成ホルモンを使って排卵を促す場合には、HCGは殆ど放出されませんから、妊娠検査薬が感知する事もありません。

ところが、排卵誘発のためにHCG製剤を投与してしまうと、当然、その瞬間からHCGの血中濃度は高まります。すると、妊娠検査薬は、受精卵が分泌しているものと勘違いし、陽性反応を示してしまうのです。

そこで、HCG注射を使って排卵誘発し、タイミング法や人工授精を試した場合には、受精卵が確実に子宮に辿り着き、着床する時期を見計らって妊娠検査薬を使用する必要があります。そもそもこれは妊娠検査薬の正しい使い方で、HCG製剤を投与しても投与しなくても関係ないのですが、HCG注射を打った場合は特に要注意という訳です。

待望のベビーがやって来たと思い、大騒ぎして、みんなで大喜びした後に、それがぬか喜びだったなんて、これほどつらい事はありません。そう、これこそがHCG注射を使う上で、最も恐ろしい副作用なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です