このページの先頭です

漢方で不妊改善出来るの?使用される漢方やその成功率など

307views

投稿日:

漢方で不妊改善って本当?

ベビ待ちする気持ちがあまりにも強すぎると、藁をも掴む思いで、いろいろなサプリメントや漢方薬に手を出してしまいがちです。実際、そうした不妊に苦し無人たちにつけいるべく、良からぬサプリや薬を勧める悪徳業者も少なくありません。

しかし、特に漢方薬は薬です。西洋薬ほど明らかではないものの、副作用のリスクは付帯しています。

さらに、西洋薬は病態に合わせて処方されるもので、月経不順を改善するためには、ホルモン剤が投与されます。けれど、漢方薬は体質に合わせて処方されるもので、例え月経不順が見られても、方や冷えが原因、方やストレスが原因となると、用いる薬は違って来るのです。

おまけに、漢方薬は長期間続けてようやく効果が現れるものが多く、元々高価ですから、時間とお金がかかります。そうした事を考えると、不妊治療の一環として使うのであれば、出来る限り正しく選ぶ事が大切でしょう。

漢方薬で不妊治療は出来るのか?

そもそも不妊治療に漢方薬が効果を発揮するものなのかどうかと言うと、これが実に微妙。少なくとも、女性の子宮筋腫や卵管閉鎖症、あるいは、男性の精子異常など、ほぼ病気といえる要因がある場合には、その治療が最優先という事になります。漢方薬が効く効かないは問題外の話です。

しかし、その一方で、いくら検査してもはっきりした原因が分からないような場合は、体質改善で妊娠可能になる事も多く、西洋医学より東洋医学の方が効果を発揮する事もあります。さらに、ホルモンバランスに問題がある場合も、その起因が冷えやストレスにあるとなれば、鍼灸治療や漢方薬の服用などを併用する事で治療が円滑に進み、早期に成果が現れる事もあるでしょう。

ただし、漢方療法を考える場合、自分にあった正しい生薬を選ぶ事が絶対条件で、これが想像以上に大変な事なのです。例えベテランの漢方医や漢方薬剤師であっても、初診でピッタリ適合する漢方製剤を処方出来る確率は3割程度。2度目の処方でようやく5割を超えると言われています。

とは言え、3回目となると、8割以上の高確率で最適な漢方薬を処方してもらえると言いますから流石です。素人が自力で探すとなると、さらに時間が掛かり、それだけお金もかかります。もし、漢方を使った不妊治療をと考えるのであれば、主治医や専属の薬剤師を持つのが成功の秘訣です。

近頃は、漢方薬を併用する事も考えた不妊治療プログラムを組む病因も増えました。特に個人の不妊専門クリニックは、多くのところが漢方についての相談にものってくれます。当然、合わない時や副作用が出た時にも迅速に対処してくれますので、自分勝手に進めるより断然安心でしょう。

漢方には好転反応と副作用がある

西洋薬の場合、下痢止めを飲めば、取り敢えず便意を抑制出来ます。ところが、漢方薬の場合、下痢止めを飲んだからと言って、便意が落ち着くどころか、益々酷い下痢に見舞われる事も少なくありません。

何故なら、下痢をするのは腸内環境が悪いからで、その腸内環境を整えなければ下痢は止められない。腸内環境を整えるには、毒素を全て排出するのが先決というのが漢方の考え方だからです。

その代わりに、下痢が治まると、その後は普通の排便がもたらされますが、西洋薬の場合、強制的に便を抑制するという事で、便秘になる可能性も高いのです。これが西洋薬の副作用で、鎮痛剤を飲むと眠くなったりぼんやりするのは、一時的に神経をまぎらわせているからにほかなりません。

そうなると、漢方薬を飲んで下痢や吐き気をもよおしても、副作用ではないので心配無用という事になりそうです。実際、状況を緩和したり改善させたりする上で、このように、一過性の不具合を生じる事を東洋医学では「好転反応」と呼び、良質な漢方には付きものだとされています。

ところが、私たち人間の体は、自分に合わない異物が侵入すると、免疫力が反応し、追い出しに掛かる性質を持っていて、その免疫反応による下痢や吐き気の可能性もあるのです。そうなると、その漢方は不適当なものという事で、飲み続ければ状況を悪化させます。これは完全なる副作用です。

という事で、漢方には好転反応と副作用の2種類の身体反応があり、前者と後者とでは大違い。特に不妊治療で漢方を用いる際は、この見極めも重要になるでしょう。

基本的には、好転反応なら1週間程度で異変は収まります。長く続いても2週間くらいで、その後は徐々に改善されて行くはずですが、一向に変化がない場合は副作用を疑い、中止や見直しを考えられる事をお薦めします。

不妊治療に効力を発揮する漢方

漢方による不妊治療は大きく分けて3つ、血の巡りを改善するもの、気の巡りを改善するもの、そして、性欲を増進するものがあります。ですが、血の巡りが悪いと言っても、元々血液量が足りない場合と、血液の質が悪く、流れが悪い場合とがあって、気の巡りについても似たような事が言えるでしょう。そこで、それらを丁寧に分析し、それぞれの体質と状況に合った生薬を処方するのが漢方療法です。

例えば、顔色が悪く、貧血気味。めまいや立ちくらみが起こる事があって、月経量も少なめとなると、次に、普段の食生活が重視されます。そこで問題があるとなると、「血虚(けっきょ)」の可能性大。血が不足しているために血流が悪く、全身が栄養失調になっている状態です。「当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)」や「加味帰脾湯(カミキヒトウ)」といった良質な血液を増やす作用を持つ漢方薬が勧められます。

しかし、同じように血の巡りに問題があっても、頭痛や肩こりが出ていたり、生理痛が強いとなると、血液の品質が悪く血流が悪い事が疑われます。東洋医学では「瘀血(おけつ)」と呼ばれる状態で、強いストレスや運動不足が引き金になっている事も多く、生理不順に悩む現代女性によく見られる症状です。その場合には、「桃核承気湯(トウカクショウキトウ)」や「桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)」など、血をさらさらにして流れを良くする漢方薬が勧められます。

ところが、同じようにストレスや食生活の乱れと言った問題を抱えていても、見た目は比較的元気そうな人も少なくありません。ただ、実際には、慢性疲労を感じ、食欲不振や下痢に悩んでいる、不正出血が見られるとなると、血ではなく気が足りないのではという事になるでしょう。東洋医学では、「気虚(ききょ)」と呼ばれる状態で、身体のエネルギーをパワーアップさせる作用を持つ「補中益気湯(ホジュウエキトウ)」や「十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)」、「温経湯(ウンケイトウ)」といった漢方薬が勧められます。

けれど、食欲もあって体力もあって、むしろ、パワーを持て余している状態であるためにイライラしたり、ゆうつになったりといった情緒不安定な状況が続いている場合は、気が足りないのではなく、どこかで滞っている「気滞(きたい)」状態。ちょうど月経前のように乳房や下腹部が張ったりもして、自律神経が乱れている事を物語っています。なので、そういう場合には、自律神経を整え、気を上手に循環させる作用を持つ「加味逍遥散(カミショウヨウサン)」や「香蘇散(コウソサン)」といった漢方がお薦めです。

因みに、精力が減退している場合も、東洋医学では立派な病気です。男女を問わず発症する疾患で、「腎虚(じんきょ)」と呼ばれています。過度のストレスや運動不足、塩分の過剰摂取などが原因でしょう。ですので、そういう場合には、精力増進効果を持つ「六味地黄丸(ロクミジオウガン)」や「八味地黄丸(はちみじおうがん)」といった漢方薬が勧められます。

これらの漢方薬は、市販薬としても売られていて、比較的大きなドラッグストアでなら、簡単に入手出来るものばかりです。また、何万円もするほど高価なものでもありません。ただし、誤った選択をすると、副作用のリスクもありますので、やはり医師や薬剤師に相談してから購入される事をお薦めします。

さらに、漢方薬の服用で不妊が改善出来、妊娠出来る確率は、本当に人それぞれで、何パーセントという目安すらないのが現状です。ゆえに、成功者も多いものと思われますので、その点も理解した上で試してみられるといいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です