このページの先頭です

黄色ホルモン注射(プロゲステロン)とは?対象になる方や副作用

524views

投稿日:

黄色ホルモン注射(プロゲステロン)とは?対象になる方や副作用

妊娠の鍵を握るのが女性の生理周期。その生理周期を司るのがいくつかの女性ホルモンです。

エストロゲンと言われる「卵胞ホルモン」、プロゲステロンと言われる「黄体ホルモン」。その他、卵胞刺激ホルモンや性腺刺激ホルモン、「黄体化ホルモン」などなど。
そのどれが不足していても妊娠や出産は困難になります。さらに、バランスが悪くてもNG。

特に、独身時代には美と健康を司るエストロゲンが重要視されがちですが、いざベビ待ちするとなると、プロゲステロンもまた非常に大切な女性ホルモンである事に気付かされる事でしょう。

『黄色ホルモン注射』とは?

プロゲステロンこと「黄体ホルモン」は、その名の通り、細かくて黄色い粒子を含む女性ホルモンです。その見た目からダイレクトに“黄色ホルモン”と呼ばれる事もあります。

実はこの黄体ホルモン、女性には便秘や肌荒れ、睡魔や倦怠感など、やっかいな不定愁訴をもたらす嫌な存在だったりもするのですが、このホルモンがしっかりと分泌されなければ、妊娠から出産まで、赤ちゃんの命を守る事は出来ません。なぜなら、胎児が母体の中で少しでも快適に過ごし、栄養を吸収して立派に育てるように、さらに、産後も美味しいママの母乳を飲んで、すくすく育てるように全身全霊で働いてくれるホルモンだからです。

ちなみに、黄体ホルモンの最大の任務は、赤ちゃんが育つ子宮内の環境を整える事。まず、排卵が終わると、排卵前にエストロゲンが作った子宮内膜を補修し、受精卵が着床出来るだけの分厚くて柔らかい子宮内膜を形成します。そして、体温を上昇させて冷えを防ぎ、産後に備えて乳腺を発達させるところまで一気に頑張るのです。

しかし、これだけの作業を一手に担うには、それなりのホルモン量が必要です。そこで、排卵の終わった卵胞は黄体ホルモン専用の内分泌器官、その名もズバリ「黄体」という部位に変化し、ひたすらプロゲステロンを分泌します。

しかし、この卵胞の黄体化がうまく出来なければ、黄体ホルモンは不足し、子宮内膜は受精卵が着床出来るところまで発達しません。そのため、せっかく精子と卵子が出会い、結合して受精卵が出来ても着床出来ず、妊娠不成立となったり、一度着床しても定着出来ず、流産してしまったりする訳です。

という事で、そうした事態を回避するため、黄体ホルモンの不足が見られる場合には、体外から補充する策が採られます。それが『黄体ホルモン注射』。“黄色ホルモン注射”などとも呼ばれる筋肉注射です。

黄体ホルモンの分泌時期と分泌量

通常、生理のある女性は必ず「黄体期」と呼ばれる黄体ホルモンの多量分泌期間を迎えます。なぜなら、妊娠してもしなくても、お構いなしに排卵する訳で、排卵すれば、その卵胞は黄体化し、黄体ホルモンを分泌し始めるからです。

ただ、2週間もたって受精卵が出来ていない事を察知すると、その分泌を中止します。すると、そのとたんに子宮内膜はもろくなり、剥がれ落ちる。それが生理です。

従って、排卵直後から生理直前までが黄体期、体内は黄体ホルモンの宝庫となり、その分泌量はそれまでの10倍以上に増加します。

ちなみに、正常な女性の場合、生理開始直後から排卵直前までの黄体ホルモンの血中濃度は、1mlあたり1mg以下ですが、排卵が終わって黄体期に入ると5mgから最高で30mgまで急増します。そうしてまた、生理開始とともに減少するのです。

ところが、卵胞の黄体化がうまく出来なかったり、たとえ黄体化は出来ても、正常に機能しなければ、いつまでたっても黄体ホルモンの血中濃度は高まりません。これでは妊娠成立にいたるのが難しく、運良く妊娠しても流産のリスクが大きいという事で、ホルモン補充が行われます。

そのホルモン補充の方法の一つが黄体ホルモン注射で、必要とされるのは主に「黄体機能不全」を持つ人という事になるでしょう。ただ、人工授精や体外受精の後、着床率を確実にアップさせるために用いられる事もあります。

黄色ホルモン注射の副作用

不妊治療の一環として用いられる黄体ホルモン注射は、主にタイミング法や人工授精、さらに、体外受精でメインとなる手術の後に着床率を上げるために打つという形です。

つまり、タイミング法の場合は、排卵日に合わせて性交渉した後。人工授精の場合は、精子を注入した後。体外受精の場合は、受精卵を子宮に移植した後という事になります。

ですが、元々黄体機能不全が原因の生理不順で不妊となっている場合、それを改善する事で自然妊娠を望める可能性も高いでしょう。そこで、そうしたケースには、当初から黄体ホルモン注射を使用し、生理周期が安定した後にタイミング法や人工授精を試みるという作戦が採られます。

いずれにせよ、ベビ待ちの身で受ける治療だけに、副作用が気になります。特に、タイミング法や人工授精、そして体外受精の後の投与となると、赤ちゃんが出来ている可能性もあって、不安は一層大きくなります。

ですが、この注射は、単に不足している黄体ホルモンを補充するだけのものですから、重篤な副作用というのはめったに出ません。むしろ、注射を打たなければ不妊は益々深刻になる一方です。

ただし、黄体ホルモンが人並みに体内を支配すると、便秘や肌荒れ、強い眠気や倦怠感など、様々な不定愁訴を生じる事になりそうです。乳房が張って痛いという事もあるでしょう。そう、女性なら誰もが経験していると言っても過言ではない生理前の不快な症状、「月経前症候群」に見舞われた状態です。

それもそのはずで、元々PMSこと「月経前症候群」は、黄体ホルモンの増加が引き起こすものなのです。そして、その症状は、先のような黄体ホルモンの妊娠に向けての努力の成果であると言えます。

とにかく全身全霊で子宮内の環境作りに勤しんでいる訳ですから、それに労力を奪われ、消化器官や思考回路に不具合がでるのもしかたのないところ。また、妊娠成立に向けて身体を労るべく、休息を促す意味で睡魔や倦怠感が出て居るとも言えます。その他、乳房が張るのは、赤ちゃんに上げる母乳を作れるように乳腺を発達させるためだったのです。

もちろん、こうした不調が毎度毎度、生理の前になるとやって来るのはたまったものではありません。誰もが鬱陶しいと思っている事でしょう。

でも、ベビ待ちの身になれば、苦痛どころか、嬉しい悲鳴を上げられそうです。黄体ホルモン注射の副作用なんて怖くない。赤ちゃんのための体作りだと思えばへっちゃらでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です