このページの先頭です

art(生殖補助技術)ってどんな治療法?その手法やリスクについて

223views

投稿日:

art(生殖補助技術)ってどんな治療法?その手法やリスク

不妊治療には大きく分けて2つ、「一般不妊治療」と「高度不妊治療」があり、基本的には一般不妊治療からスタートします。

何故なら、一般不妊治療は女性の体内で精子と卵子が出会い、受精卵が出来、着床して妊娠するという自然妊娠ですが、高度不妊治療は、精子と卵子を採取し、体外で混合したり、受精卵を作ったりと、人の手を介して妊娠をスタートさせるからです。当然、経済的負担も肉体的負担も、精神的負担も一般不妊治療の方がはるかに軽く、出来る限りこの範囲でベビ待ちするのが望ましいと言えるでしょう。

ちなみに、人工授精は精子を女性の体内に注入するだけなので、一般不妊治療に該当します。しかし、それ以降のステップとなる体外授精は高度不妊治療です。つまり、人工授精を数回繰り返しても結果が出なければ、いよいよ高度段階に進むかどうか、真剣に検討しなければならないという訳です。

また、最初から一般不妊治療では望ましい結果が出ない可能性が高いとみなされた場合には、いきなり高度不妊治療を選択せざるを得ない事もあります。そこで今回は、そうした高度不妊治療の世界を覗いてみたいと思います。

高度不妊治療は生殖補助技術の世界

高度不妊治療は体外授精や顕微授精、あるいは、卵管内移植など、生殖を第3社の手で助ける施術となります。そこで、高度不妊治療に該当する施術全般を英語のassisted reproductive technologyを略し、“ART(アート)”と呼んでいます。日本語では「生殖補助技術」です。

さらにARTの中には、比較的簡易な初期肺を移植する体外授精から高度な技術を要する顕微授精や卵管内移植まであって、特に顕微授精は高度生殖補助技術や高度生殖補助医療という特別な位置付けとされる事がしばしばです。そのお陰で、国の助成制度が利用出来たりもするのですが、ART自体は完全なる自主診療の世界で、経済的負担が大きい部分は否めません。

そのため、一般不妊治療を約2年間かけて一通りじっくり試した後にステップアップするのがオーソドックスな流れですが、最初からARTでなければ妊娠の可能性が極めて低いカップルが少なくないのも現実です。特に女性が精子を受け付けられない抗精子抗体を持っていたり、卵管にトラブルを抱えている場合は、ARTでしか妊娠出来ないケースも多く、男性の精子が少ない、精子が虚弱体質であると言った場合も、タイミング法や人工授精で妊娠するのは難しいでしょう。

また、ARTは良質な卵子と精子が準備出来れば出来るほど成功率は高まります。そのため、男女ともに若ければ若いほど優位で、特に女性の年齢は重要なポイント。やはり30代前半と40代前半では成功率が大きく異なってしまうのです。そのため、年齢的な事を考えて、早期に検討される事もあります。

いずれにせよ、自然妊娠の可能性がある以上、まずはそこに賭けるのが望ましく、その後、いつステップアップするのか? それが一つのキーポイントになる事は間違いありません。また、ステップアップ後、どのような施術を選択するのかも大切で、それにはまず、自分たちがARTについて正しい知識を持つ事が重要になるでしょう。

ARTのリスク

一般的にART「生殖補助技術」というと、「体外授精」と「顕微授精」が上げられますが、この2つは、体外で受精させた「胚(はい)」と呼ばれる受精卵を女性の子宮に入れる施術です。けれど、実際には、卵管に精子と卵子を直接入れたり、胚を入れる施術もARTには存在します。また、胚も出来て間もない初期肺を移植するものから、赤ちゃんの袋が出来た胚盤胞を移植するもの、さらに、凍結保存した胚を移植するものとあり、それぞれにメリット・デメリットが付帯します。

やはり大きなデメリットは費用面で、いずれの場合も、最低20万円から。上限はあってないのが現実でしょう。どの施術を難解受けるか? いつまで続けるかによって費用は大きく変わって来ます。

ただし、いずれも医療費控除の対象となる上、自治体によっては助成制度が設けられていたりもするので、予めそうした事を調べ、予算を決めた後に方法と期間を決めるのが利口だと言えそうです。

そして何より、必ずしも望ましい結果が出るとは限っていないのが最大のデメリット。最も成功率の高いと言われる女性が30代のケースでも、ART全体の妊娠率は40パーセントと、半分にも達しません。それが40代に入ると10パーセントを切る事となる訳ですから、あまり大きな期待を持ちすぎない事が必要不可欠なのです。

ARTの種類とメリット・デメリット

それではここで、ART(生殖補助技術)と呼ばれる主な施術の違いを見てみましょう。尚、厳密には「代理母」もARTに該当しますが、日本では実施されていないので除外します。

体外授精(IVF)+初期胚移植(ET)

男性の精子と女性の卵子を体外で受精させ、子宮に移植する施術。体内で無事に着床出来るかどうかは分かりませんが、受精だけは確認出来、受精卵にとって快適な母胎で胚を育てられるというメリットがあります。

体外受精(IVF)+胚盤胞移植(BT)

男性の精子と女性の卵子を体外で受精させた後、胚盤胞になるまで成長させ、子宮に移植する施術。受精卵が培養液の中で胚盤胞まで成長出来る保障はないものの、胚盤胞の状態で移植すれば、着床率は大幅に上がります。

体外受精(IVF)+凍結胚移植(FET)

男性の精子と女性の卵子を体外で自生させた後、一旦液体窒素で凍結保存し、解凍させたものを子宮に移植する施術。採卵語すぐに移植する必要がなく、最も妊娠に適した体内環境が整った段階で移植出来ます。一度の採卵で複数の卵子を採取し、最初に新鮮な胚や胚盤胞を1つ移植した後、残りを凍結保存し、再度移植する事も可能です。

顕微受精(ICSI)

男性の精子と女性の卵子を採取し、それぞれ最も良質な卵子と精子をチョイス。顕微鏡を見ながらガラス張りで卵子の中に精子を注入し、自生欄を作った後、数日培養し、子宮内に移植する施術。高度生殖補助医療で高価ですが、卵子や精子の状態が芳しくなくても受精が可能です。

配偶子卵管内移植(GIFT)

男性の精子と女性の卵子を採取し、混合した後、卵管内に移植する施術。体外受精ではなく体内受精なので、確実性には欠けるものの、卵子と精子にとっては最も良い環境で受精出来、ARTの中では最も自然に近い形で妊娠をスタートさせられるというメリットがあります。

接合子卵管内移植(ZIFT)

男性の精子と女性の卵子を採取し、体外で受精させた後、卵管内に移植する方法。受精直後の受精卵を移植するため、確実に胚盤胞になる保証はないものの、ETよりさらに自然な環境と流れで胚を育てられるというメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です