このページの先頭です

ベビ待ち中に必要不可欠な葉酸の効果・効能と摂取方法

217views

投稿日:

ベビ待ちと葉酸の重要性

葉酸の摂取は推奨されている

ビタミンの一種である葉酸は、妊活に必要な栄養素として厚生労働省から補給を推奨されているほどの重要な成分です。ベビ待ち期における葉酸は、妊娠しやすい環境を整えるだけでなく、胎児に奇形が出来ないための処置でもあるのです。また、葉酸は男性にとっても妊活中有用な成分であるとされており、夫婦揃って高い効果が期待できる成分であることがわかります。

様々な時期における葉酸の働き

葉酸は主に妊娠初期に必要となる成分ですが、妊活中は着床率を上げる成分として活躍します。葉酸を補給しておらず、すでに一年近く子供を授かれない夫婦は、葉酸が不足しているため着床率が下がっている可能性があるのです。また、妊娠してからも葉酸の効果は必要不可欠です。妊娠初期では、神経管閉鎖障害と呼ばれる胎児の障害発生率を下げることができます。これは様々な研究から明らかにされている事実であり、信憑性の高い情報です。

葉酸は妊娠初期に特に必要

妊娠してから葉酸を摂取すればいい、と考えている夫婦は要注意です。安定期に入ってから葉酸を補給するのと、妊娠初期に葉酸を補給するのとでは大きく意味合いが異なるのです。安定期では、すでに子供もある程度の形が整っている状態です。

しかし、妊娠初期は違います。この段階では特に多くの葉酸を必要としており、後から葉酸を付け足すことはできないのです。そのため、できれば子供ができる前から葉酸を補給し続けて準備を整えておき、いざ着床してからも必要な栄養素を胎児へと送り続けることが大切なのです。

効果的な葉酸の摂取方法

サプリメントによる摂取方法

一番手っ取り早い摂取方法は、サプリメントから摂取する方法です。葉酸を多く含んでいる食材は数あれど、それらを毎日の食事に出すのは大変でしょうし、夫婦共働きならなおのこと難しいかもしれません。その点サプリメントならば、適切な量の葉酸を配合したものを簡単に摂取できるため、手間と時間の節約になるのです。何より、過不足なく葉酸を摂取できるようになるのは喜ばしいことでしょう。

食事から摂取する葉酸

葉酸が含まれている食材には、枝豆や納豆があります。どれも日々の食卓に並べやすい食材ですが、葉酸は熱に弱く調理しづらい栄養素です。それを考慮すると、食材から葉酸を得る方法はあまり現実的ではありません。調理の段階で必要な葉酸が飛んでしまいますし、食材の量でカバーするとなると相当な量の食材を口に運ばなくてはなりません。

また、食材によって確実に同じ量の葉酸が含まれているわけではないので、葉酸の量を計算するのが大変です。葉酸は過不足なく摂取する必要があるため、葉酸を計算できなくなるのは致命的なのです。

葉酸サプリの選び方

葉酸サプリの選び方ですが、妊娠初期でも妊娠中でも体に優しいサプリを選びましょう。たとえば、天然由来の葉酸サプリか否かは大きな問題です。化学成分による葉酸サプリもありますが、そちらはやはり天然由来の葉酸サプリに比べると体への負担が大きくなります。これまで添加物を含んだ食品やサプリメントを口にしてきたかもしれませんが、妊娠中は母子ともに健康でないといけません。

そのため、普段以上に身体に有害な可能性のある添加物は避けなくてはなりませんし、たとえサプリメントでも慎重を期すことが大切なのです。また、配合されている葉酸の量も見ておきましょう。妊娠初期には大体0.4mgの葉酸が必要とされており、これより多すぎても少なすぎてもいけません。必要以上の栄養素は体にとって毒になりかねないので、不安だからとたくさんの葉酸を体に取り入れないように注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です