このページの先頭です

ivf-et(体外受精、胚移植)って一体何?対象やリスクについてなど

423views

投稿日:

ivf-et(体外受精、胚移植)の対象やリスクについてなど

不妊治療を始めると、これまで聞いた事のなかったような言葉や、思っていたのとはまるきり違う言葉が沢山出て来ます。

例えば『体外受精』と『胚移植』、恐らく前者は誰もが耳にした事のある言葉でしょう。それに対し、後者はなじみのない人も多いものと思われます。

しかも、それを“IVF-ET”などと言われると、益々訳が分からなくなりそうです。仮に体外受精や人工授精という言葉は理解しているつもりでも不安や疑問が出て来るのではないかと思います。

そこで今回は、IVF-ETについて分かりやすくご紹介しましょう。

『体外受精』は人工授精ではない

まず最初に、きちんと理解しておきたいのが、人工授精と『体外受精』の違いについてです。恐らく、体外受精イコール人工授精だと思っておられる方は少なくないはず。

確かに、イメージ的にも内容的にも、体外受精は間違いなく人工授精だと言えます。けれど、不妊治療の世界では全く異なり、人工授精は、精子を女性の膣内に注入し、受精卵が出来るのを待つものです。

つまり、不妊治療における人工授精とは、直接男性が射精するか、注射器で送り込むかだけの違いで、妊娠のプロセス自体は、殆ど自然の流れに任せる形だと言えるでしょう。そのため、「一般不妊治療」に該当します。

ですが、この方法だと、男性の精子の運動率が悪かったり、数が乏しいと妊娠出来る確率は下がります。また、女性が精子を拒否してしまう「抗精子抗体」を持っていたり、受精出来るだけの能力を持たない卵子が排卵されてしまった時なども妊娠出来なくなってしまうのです。

それに対し、体外受精は、女性の卵子と男性の精子を採取し、培養液の中で受精させます。そして、受精卵が出来たら支給に入れるというもので、一般の不妊治療の域を超えた「高度不妊治療」に該当する施術です。

『体外受精iVF)』と『胚移植(ET)』について

速い話、『体外受精』とは読んで字のごとくで、通常は女性の体内で進行する精子と卵子の受精プロセスを体外で行うものです。英語のIn Vitro Fertilizatioを略して“IVF”と呼ばれます。

本来、男性が女性の膣内に精液を射精し、精子を送り込むと、女性の卵巣から排出された卵子がそのうちの1匹を招き入れ、受精卵が作られて行く訳ですが、例えば、女性が精子を異物と見なして排除してしまう「抗精子抗体」を持っていたりすると、そうした流れが成立しません。そこで、卵子と精子を取り出し、体外で受精させた後に支給に戻す事により、妊娠出来るようになるという訳です。

ちなみに、「胚」とは受精卵の事で、「胚移植」とは、受精卵を女性の体内に入れる事。英語のembryo transferを略して“ET”と呼ばれます。

つまり、体外受精イコール、体外受精+胚移植。卵子と精子を取り出し、受精させて胚移植するところまでがワンセットという事で、「IVF-ET」となる訳です。

しかし、医療技術が進歩した昨今は、受精したばかりの胚ではなく、さらに成長した「胚盤胞(はいばんほう)」を移植するケースも増えつつあります。胚盤胞とは、赤ちゃんの入る袋を作る「外細胞膜」と赤ちゃんの元になる「内細胞塊」がすでに形成された状態の受精卵で、いつでも着床出来る形状になっているため、妊娠の確率が上げられるのです。

この廃盤移植を不妊用語では“BT”と呼びます。英語のblastocyst transferを略したもので、IVF-BT」と言われた場合には、胚盤胞を移植する施術だと理解されると分かりやすいでしょう。

体外受精のメリット・デメリット

体外受精の最大のメリットは、加齢と共に元気な卵子が減って来ていても、妊娠出来る確率が高いという事でしょう。何故なら、自然妊娠の場合、毎月たった1個の卵子に賭ける事になりますが、体外受精の場合には、良質な卵子を選択して受精卵を作るため、一度の採卵で10個程度の卵子を取り出し、培養させるからです。

さらに、複数出来上がった受精卵のうち、まず最初に最も良質な胚を移植する訳ですが、残りは排気される訳ではありません。凍結保存され、着床しなかった場合には、後日改めて別の胚が移植されます。つまり、一度の排卵で複数の受精卵が作れる点も、妊娠の確率をアップさせてくれるのです。

事実、30代前半の女性の人工授精での妊娠率が10パーセントなのに対し、体外受精では30パーセントと、3倍にも増加します。良質な卵子を比較的多く採取出来るうちは、人工授精より体外受精の方が断然優位だと言えるでしょう。

ちなみに、一度凍結させた胚を使う移植を凍結胚移植」、英語のFrozen Egg Transferを略して“FET”と呼ばれます。通常、体外受精からダイレクトにFETになる事は少ないものの、採卵時の影響で、女性の生殖器官に炎症などが見られる場合には、「IVF-FET」となる事もあります。

そう、流石は高度不妊治療という事で、人工授精よりも妊娠の確率の高い体外受精ですが、リスクが大きいのも事実です。まず、排卵誘発剤を使って卵胞を刺激し、排卵を促す必要があるため、その副作用として、腹水や胸水がたまり、下腹部の張りや浮腫、冷え、体重増加などに苦しめられる事になってしまいがちなのです。また、採卵には強い痛みを伴うため、麻酔が使用され、肉体的負担の大きい部分は否めません。

けれど、もっと負担が大きいのが金銭面です。やはり時間と手間のかかる施術だけに、最低でも20万円以上と、人工授精の10倍近い費用がかかります。もちろん、健康保険は使えません。

ですが、今では40人に1人が体外受精ベビーだと言われる時代。クラスに1人はいる訳で、決して特別な存在ではない事が分かります。障害児や奇形児も極めて少ないという事は一目瞭然でしょう。

加えて、以前は双子ちゃんや三つ子ちゃんの生まれるケースが高かった体外受精ですが、いまは、そのリスクも殆どありません。何故なら、妊娠率を上げるために複数の胚を同時に移植する事は禁止されているからです。

確かに、子供が欲しいと強く望む夫婦にとって、一度に2人・3人の赤ちゃんを授かれるのは嬉しいもので、体外受精の成功率を上げるためにも、複数の受精卵を移植する事は望ましいとも言えます。けれど、多胎妊娠は元々流産や早産、さらに、未熟児の生まれる危険性を潜んでいるため、出来る限り避けなければならないのです。

ちなみに、胚移植と胚盤胞移植とでは、着床率は後者の方が高いものの、体外受精全体の妊娠率は殆ど大差がありません。というのも、培養液の中で胚が順調に育ち、良質な胚盤胞が作られれば着床率は上がりますが、現実には、その確率は30パーセントと、決して高いものではないからです。

しかも、胚盤胞移植を選択した場合、胚盤胞が1個も出来なければ、移植自体出来なくなり、体外受精の意味を持たなくなってしまいます。ですので、そうした事も十分考慮し、IVFに踏み切るかどうか? その後、ETにするのか、BTにするのかを検討される事が大切でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です