このページの先頭です

ベビ待ちなのに妊娠できない!男女共通の原因・それぞれの原因まとめ

200views

投稿日:

ベビ待ちで悩んでいる人たちが考えたい不妊症の原因

不妊症の原因(女性の場合)について

体温を下げないように工夫したり、不妊治療を受けたりと努力をしているのに、なかなか子宝に恵まれないという方は少なくありません。以下に女性に関する不妊の原因についてまとめてみました。

排卵の不順

ホルモンバランスが崩れることで排卵障害になることがあります。ストレスや無茶なダイエットによって体内環境が悪くなることが起因しているそうです。

卵管の異常

こちらは性病に感染するとおこることがあります。卵管が閉塞することで受精できなくなります。

子宮の異常

子宮筋腫などといった子宮の異常です。また、先天性の子宮奇形のようなもともと妊娠しにくい体質の場合もあります。

頸管の異常

子宮頸部が炎症を起こして粘液量が少なくなることで受精しにくくなるそうです。

免疫の異常

女性は、精子に対して抗体ができるケースがあります。

原因不明

その他にも、原因が分からないまま、なかなか妊娠できないという場合もあります。

不妊症の原因(男性の場合)について

続いて男性に対して考えられる不妊症の原因を挙げていきます。

性機能の障害

ストレスや仕事疲れによって勃起障害になることがあります。また、糖尿病や動脈硬化のような別の病気と併発して性機能障害が生じることもあるようです。

造精機能の障害

いわゆる精子量の低下です。こちらも先天性の場合と他の病気と併発する場合があります。

男女に共通する不妊症の原因とは

先天性のものが原因である場合は、医学的な治療を受けながら妊活していくことになります。しかし、男女に共通して改善できる不妊症の原因というものもあります。それは「ストレス」「心身への過剰な負荷」が挙げられます。

職場の人間関係や友人関係、過労や過剰なダイエットなど、心身に負担となる原因は日常生活の中にあふれています。また、それらのストレス・負荷によって日常生活が乱れ睡眠不足や栄養失調になれば、それこそホルモンバランスは崩れ、妊娠しにくい体調になってしまうでしょう。

ベビ待ち夫婦は、生活を見直し体に良いことをすべき

ライフスタイルや食生活を振り返ってみる

体内の異常に対して夫婦でできることは、これまでの生活を振り返ってみることかもしれません。毎日、妊活を意識し過ぎてストレスを抱えていたり、妊活に効果的だと言われていることに挑戦し続けていたりと、気を張りすぎている場合があります。しっかりと睡眠時間を確保し、仕事や家事も疲れ過ぎない程度に制限しましょう。

また、食事も外食や間食を控えて、野菜を多く摂れるように見直してみましょう。自炊しても栄養が偏ることがあるので、そのような場合は葉酸サプリのような栄養補助食品を使うこともいいかもしれませんね。葉酸サプリは女性だけでなく、夫婦での利用を勧めているブランドもあります。また、葉酸が天然のもの、無添加のもの、美容成分を配合しているものなど様々な種類があるので、サプリを購入する際は自分に合った選び方をすると良いです。

妊娠中を想定して今から体を労わるべき

妊娠初期や妊娠中は、栄養や睡眠、ストレスとの向き合い方など、実にデリケートに向き合っていく必要があります。お腹の中には新しい命が宿っているのですから、自分の健康だけではなく、生まれてくる赤ちゃんのことも考えてあげなければなりません。妊娠初期のママはつわりや心配で不安定になります。

その時に心に余裕を持てるように、ベビ待ちの今もできるだけリラックスして過ごせるように環境を整えてみてください。ベビ待ちの方々が不妊の原因と向き合い、ライフスタイルを改善できることを心から願っています。

参考にした資料:http://www.jsrm.or.jp/public/funinsho_qa04.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です